履歴書プロ

自営・フリーランスの経験がある場合の履歴書の書き方

学歴・職歴
平成△ 3 ○○クリエイティブ専門学校卒業
平成△ 4 株式会社○○WEABクリエイト入社
平成△ 8 同社を退社
平成△ 9 フリーランスとしてWEB関係の制作・コンサルタントとして活動
志望動機
御社クライアントの気持ちになって仕事するというのチームワークと仕事方針に感銘を受けました。これまでWEB関係の仕事ののちにフリーランスを経験しております。自分がこれまでやってきた制作とコンサルを役立てたいと思い応募いたしました。

なぜフリーランスから雇用を選択したかを明確に

一度フリーランスになると採用者側は「雇用を選択したのにはいったい何があったのか」という部分が気になるでしょう。フリーランスがわざわざ雇用を選ぶには必ず理由があるためです。そのため、面接時にはきちんとした理由を説明できるようにしておきましょう。

「フリーランス≒自由」でもあり「フリーランス≒不安定」ともとれる

先述にあるフリーランスから雇用になるための理由というのがこの辺にあります。自由な仕事ができる分、保障がなく不安定なのが現状です。フリーランスから雇用されるには人それぞれの理由があると思います。「取引先が閉鎖した」「取引先から契約解除された」「安定のある雇用を選択した」などです。志望動機には明確なことを書く必要まではありませんが、フリーランスは経験と知識が無いとできないことですので、そこのアピールを大いにしておきましょう。

自営業を営んでいての転職理由

これもフリーランスと同様、独自でお店を営んでいた経験を大いにアピールできます。転職理由は「お店の経営が厳しくなった」「競合他店が増え、安定を求めた」などの理由があると思います。これも面接時に明確な理由として述べると良いでしょう。