履歴書プロ

【NG】志望動機の悪い例と直し方

NG!悪い例
志望動機
アパレルという希望のある業界に入社したものの、パワハラな上司、働かない先輩のもとに配属され、ノルマの厳しい世界でこれではお客様に満足いただく仕事は不可能だと判断し退職を決意しました。御社の「親切な指導とお客様に満足いただく仕事」というスローガンをお見受けし、より良い環境で自分の力を発揮できる環境で働きたいと、この度応募させていただきました。

人間関係のトラブルは志望動機にはならない!

志望動機の人間関係はホンネかもしれませんが、内容がストレートすぎて前職場の悪口や批判にも聞こえてしまいます。また、本人にも原因があるのではないかと思われてしまうでしょう。採用者はその人間性を見ますので、たとえ本当であっても悪く書くことは控えましょう。

人間関係が理由でも前向きな志望動機を!

履歴書を見る人が前向きな姿勢であることを感じてくれる内容にしましょう。前職を短期間で退職した場合であっても「若年層のマーケティングに・・・」とか「よりステップアップできる環境で・・・」といった内容を強調した方が良いでしょう。

修正志望動機
志望動機
アパレル業界で働くことは以前からの夢でした。その夢を達成し業界で働いておりますが、御社が応募している「若年層マーケティング」や「より良い環境でステップアップできる職場」というのに感銘を時受け、若年層の女性を対象とした環境の中で、ぜひ私もそのメンバーとして活躍したいとこの度応募させていただきました。