履歴書プロ

履歴書記入欄の基本と気をつけること

履歴者は誰もがほぼどれも同じ項目を書くことになります。その中で人それぞれ違いが出るようなオリジナル履歴書が書ければベストですが、それは難しく考えずに「ひと工夫」の文言を意識してみましょう。各項目が同じでも、新卒者、転職者、実務経験者、アルバイト経験者など人それぞれ立場は異なります。ここでは履歴書の項目について説明していますので是非ご参考ください。

都道府県は省略せずに記述する!

履歴書は基本的に略さず記述するが基本になります。住所欄や学歴・職歴等、都道府県はきちんと記載しておきましょう。

免許・資格欄はできるだけ空白にはしないこと!

履歴書の項目に全く記載しない空欄や特になしといったのはあまり良い印象を与えない。たとえ免許や資格がなくても、これから取得する予定などを記載しておいた方が無難。「○○年〇月に○○を資格受験予定」などと書けるようにしておきたい。

株式会社などを(株)と略して書かない!

履歴書は提出書類なので略さず正式名称で書いた方が印象が良い。自分が勤めていない会社に(株)と書くことは正確にはあまり良いことではなく、そう書いてよいのは自分が勤めている会社の場合。その場合でも、履歴書には略さず「株式会社」と書くようにしましょう。

趣味や特技は仕事に関係ないことでも書いておく!

これも先述と同じで、空欄や特になしというのは印象がありません。特に趣味は仕事と無関係なことでもその人の人物像を象徴するものですので、一般的にありふれていると思われる趣味や特技であっても、それに対して補足で何かを書いておいてもかまいません。

志望動機は最大限のアピールを端的に!

志望動機は履歴書の中でも最も目につきやすい項目です。ですが、だからといって過剰すぎるアピールを書く必要はありません。もちろんオリジナルで目を引くような内容を書けるのがベストですので、新卒者と転職者では各内容も変わってくるはずです。一行程度で終わるような文言ではなく、できるだけ自分自身のことを書けるようにしておきましょう。

本人希望記入欄には多くを書きすぎないこと!

ここの欄には就業場所や勤務時間に応じる所であれば希望勤務時間を書くことができます。特にこれといってない場合は、「勤務地等こだわりはございません。」と記述しても良いですし、他の項目がしっかり記述できていればここの欄のみ空欄でもかまいません。逆に福利厚生や給与面の条件を書くことは相手に良い印象を与えませんので、それは面接時に話する方が無難です。