履歴書プロ

履歴書は手書きかパソコンか?

履歴書は相手に見やすく丁寧にが基本になります。 そのため、履歴書をパソコンで作成することもダメではありませんが、履歴書の基本は「手書き」になります。逆に職務経歴書はパソコンで作成するときれいにまとまります。理由は書式が自由だからです。
履歴書の書式は市販されているものでかまいません。それに手書きで丁寧に書くというのが基本的なスタイルだと思って良いでしょう。

なぜ履歴書は手書きなのか?

手書きは「人」を映し出します。履歴書は何か「機械的」な印象を与えてしまいがちです。面接の前にまずは書類選考から始まる場合、特に「人」が見えませんから、それならパソコンで入力した機械的な履歴書より手書きの履歴書の方が相手側は「人」を映し出すことができます。

仕事内容によってはパソコンで作成しても可能な場合も

パソコンの使用がメインとなる職種ではパソコンで作成した履歴書を悪く見ることは少ないかもしれません。しかしながら、パソコン作成の履歴書ですと「応募先に同じ履歴書を使いまわしている」という印象を与えてしまうかもしれません。履歴書を見る相手は「人」ですので、やはり手書きがベストでしょう。字を書くのに自信がない・・・という人でも、ここは一文字一文字丁寧に、というのを心がけて丁寧に履歴書を書いてみてください。

筆記用具は何で書けばいいの?

履歴書は「見やすく」が基本です。
筆記用具は黒のボールペンでかまいません。ただしボールペンの場合はどうしてもラフな文字に見えてしまうことがあるので、くっきりと大きめに書くことを心がけてみてください。字に自信のある人は万年筆などで書くと良いでしょう。また、字が汚すぎるのはちょっと問題ですが、達筆すぎても相手にとっては見にくい履歴書になってしまうことも考慮しましょう。

綺麗な文字ってどんな文字?

一見きれいに見えても丸文字や細すぎる筆跡はいけません。
丸文字に関しては子供や学生感覚が抜け切れていない印象を与えてしまいます。社会人として丁寧でしっかりとした文字を書くようにしましょう。