履歴書プロ

履歴書と職務経歴書の違い

履歴書と職務経歴書では全く異なった提出書類となります。
たしかに履歴書と職務経歴書は同じようなことを書く部分がありますが、履歴書はその人の「人生の足跡」であり、職務経歴書は「仕事の足跡」です。これには大きな違いがあります。どちらも共通しているのは履歴書も職務経歴書も自分自身の鏡であること。履歴書だけでは伝えきれない具体的な経歴を職務経歴書にまとめることになります。
採用者側は履歴書を見て、この人はこれまでどこの地域にいたこと、あるいはどこの地域で学んできたことや、志望動機等どれだけ端的に伝わる履歴書であるかを見ます。
逆に職務経歴書は踏み込んだ見方をしてくることでしょう。
よく求人募集欄に「履歴書を送付の上」とか「履歴書持参で」という求人募集を多く見かけますが、その際は履歴書と一緒に職務経歴書も送付、あるいは持参すると相手側にいろいろなアピールがしやすくなります。
職務経歴書の提出を必須としていない求人でも、一緒に提出することは決して失礼な行為ではありません。むしろプラスになることでしょう。
履歴書と職務経歴書では、これだけ大きな違いがあるのです。

履歴書とは・・・

履歴書は人生の足跡であり、端的に自分を映し出す鏡である。

職務経歴書とは・・・

職務経歴書は仕事の足跡であり、履歴書では書ききれないことを細かくフォローするものである。